スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2014年07月14日

パワーエアコン 追加発注

どうも♪
日曜日はパワーエアコンが怒濤の人気で、遂には品切れになる状況でした。(オイオイ大丈夫か?)


画像は、ランエボの室内温度と外気温度。エアコンフルパワーで車内が冷蔵庫になっちゃうほどの威力。
これでエアコンの負荷が軽減されてるっていう矛盾してるけど現実なのです♪最終的に8.4度まで下がりました。

パワーエアコンの効きに関しての質問された場合に、一番分かりやすいのが

施工したお客様から聞いて貰うのが一番!!
って事で、施工したお客様が自ら体験談を語るコーナーに・・・

軽自動車だったら、エアコンが冷えてパワーダウンしないという感動を覚えたそうで♪
皆様からの感想などがメールなどで来るという嬉しさ!(おい!!その前に品切れはどうした!!)

品切れ間近と思ってましたので、先週頼んでましたよ♪
って事で本日大量入荷ヾ( ^ω^)ノ

Twitterで呟いたら、皆さんの反応早いよ〜!!
予約の問い合わせが結構有りまして♪
予約してくれた方達のは全て取り置き完了(σ・∀・)σ

まだまだ有りますけど、不安な方は予約の連絡頂ければ、取り置きしま〜す٩( 'ω' )و

入れた人だけが得する体感♪
新車でエアコン冷えなくて悩む方
エアコン作動時に馬力が落ちて悩む方
などなど♪

夏を得して涼しく過ごしませんか?
車の負荷を軽減して快適ドライブ♪

まだまだ有ります♪
色々これからも紹介しますね〜♪
  


2009年12月12日

新車以上のボディー♪

どうも、日々ブログを見て来店される多くのお客様♪
誠にありがとうございますm(__)m
皆さんが嬉しくなる技術を提供しようと思うキョンです♪

本日は、はせあにさんのタイヤ交換から始まり
車のガラス修理に入庫されたお客様、オイル交換のお客様、タイヤ交換のお客様等
このブログを通じて多くの方との出会いを感謝申し上げますm(__)m
皆様の笑顔の為に一生懸命頑張りたいと思います♪

さて、本日の話題は
冬前のコーティング祭りが続いている当店のボディー磨き&コーティングです♪

綺麗な車ですね♪新車の様な輝きです♪
訪れるお客様もこの車両を見て綺麗ですね~♪新車のアンダーコートですか~♪
っと言われます。

この車両は、アンダーコート後にボディーのコーティングを依頼受けており
新車以上の輝きを出す為に磨きをするのでした(゚∀゚)v


綺麗にツヤがあるように見えますね♪
実を言うと、この車両の後方が磨きかかっています。
前方は磨き前です・・・・

角度を変えて見ましょう・・・・

これで一目瞭然だと思います。
磨いた面は深い色になっております♪
新車のように、いや、それ以上の輝きを出します♪

ただ単に光らせるのではありません♪
これからの季節、ボディーに攻撃性の高い鉄粉が刺さる時期に突入します。
それを少しでも軽減させてボディーを保護するためにコーティングをします。

ボディーに鉄粉が何故刺さるのか?
トラックや除雪車等が冬に装着するチェーンがありますね。
このチェーンが走るとアスファルトに当たるとチェーンが削れて鉄粉となります。
これをタイヤが踏んで飛ばす事で鉄粉がボディーに刺さってしまいます。
特に冬となれば塩を撒きますし、それにチェーンが当たれば錆びる・・・それが剥がれ落ちる・・・
タイヤが踏んで鉄粉がボディーに刺さる・・・
この悪循環が続く訳です。

これを理解しているお客様は冬前にボディーコーティングをして、ボディーに保護皮膜を作るわけです。
ボディコートは自分でも簡単にできる為に、チョットした講習をすれば誰でもできちゃうんです♪
最近、当店でコーティング剤が結構出ます♪

中古車・新車を購入されたお客様はアンダーコートとセットでボディーコートをされていきます。
冬前だからこそやるコーティング!その秘密は鉄粉対策の為だったのでした♪

さてさて、明日は久々お休みをいただきますm(__)m
日曜日からまたお客様の笑顔に会う為に頑張りま~す♪

そうそう!近日、当店からスーパーアイテムを出しますのでお楽しみに♪
スーパーアイテムって何?っと思うお客様にヒント・・・
年末に向けて、車の大掃除道具の販売です♪
実を言うと車だけでなく家庭の大掃除にも使えてしまう便利アイテム!
またもや!量販店では売っていない業務用のアイテムを皆様に♪

っと言うことで近日公開までお楽しみに~♪


PS:工場で作業中だと電話に中々出れないので携帯に電話していただくと素早く出れますm(__)m
   090-2992-8570までお気軽にお願いしま~す(^^)ノシ  


2009年12月08日

冬前のアンダーコーティング♪

え~、夜逃げしたとか逃走したとか・・・死んだとか・・・出家したとか・・・色々と勝手な妄想で騒がしているキョンです(゚∀゚;

さて、ひさ~しぶりのブログ更新ですm(__)m
ブログを楽しみにしていた皆様お待たせいたしました♪
メールに来店されたりして多くの方からブログ見てます♪
この言葉、ホント嬉しいです(^^)v
今度はどんな内容ですか?とか、こんな事を知りたいとかリクエストまで頂きまして
その都度、次回のブログで・・・っと言ったっきり一度もそのネタを出したことの無い裏切り方は自分でも
すばらしいというか・・実を言うとブログは何も考え無いで書いている事が良くわかるかと・・・

え~ここ数週間は休む暇無く休日返上で・・・え~っと・・・何してたっけ・・・(゚∀゚:???
とりあえず、仕事してました(^^;
期待されたら、頑張っちゃうキョンですから~♪
良い仕事をする為に日夜頑張っております(^^)b

さて、本日の話題はこれ!

空飛ぶ車を開発中・・・ではありません(見れば分かるって!)
冬になり、融雪剤を撒かれたりして車の痛む時期になってきました・・・
長く車に乗る為に、下回りの防錆アンダーコートをするお客様がとても増えてまいりました。
新車・中古車・未使用車・今乗ってる車・・・などなど・・・

錆びてしまってからでは遅い・・・
錆びる前にしっかり施工!

しっかり施工の為に下回りはライトアップで隅々まで照らします!


施工前は、色んな場所を写真撮影します♪


施工後もしっかり撮影します♪


このブツブツがボディーをガッチリガードします!
当店では、テロソンアンダーコートを施工されたお客様全てに施工のレポートを提出しています。
ここで、メモリースティックなどあれば、お客様の車両に関わった全ての写真データをお渡しします。
せっかくの機会ですので、自分の車両の下回り等をじっくり画像で見る楽しみもできるわけです♪


ドイツ・ヘンケルテロソン アンダーコートはここ♪

〒997-0013
山形県鶴岡市道形町47-1
   クロネコヤマト宝田店さん 斜め向かい 
      庄内旬味 悦波の真裏

電話0235-23-1041(兄さんヒトヨイ)←ベタすぎな番号・・・
携帯090-2992-8570
メールcmcomplete@mail.goo.ne.jp
定休日 毎週土曜日(仕事入ったらやります)
営業時間 9:00~終わるまで 仕事帰りのお客様等電話もらえば22時でも何時でもいます♪























サービスショット・・・・(゚∀゚; ちゃっかりフォトラバ参加してたりして・・・(^^;

え~見苦しい画像大変申しわけありません・・・っと言いつつ・・・申し訳ないとは思っていないキョンなのでした・・・(゚∀゚;
仕事は楽しくなくっちゃ♪良い仕事できませ~ん(゚∀゚)ノシ  


2009年09月17日

稀少車コーティング♪

最近ブログを通じて来店されるお客様ありがとうございます♪
ヘンチクリンなキョンですが、御来店だけでもしてくださるお客様に感謝申し上げますm(__)m

さて、最近はブログネタも溜まっておりまして
一気に放出したい所ですが・・・もったいないので小出しで行きます(って!そんなに無いだろう!)

このブログを通じて来店されたお客様の車♪
スズキ キャラです!

軽自動車のスーパーカーと思っているキョンです♪(昔欲しかった~♪今でも欲しいけど)

マツダAZ-1と同車種でしてAZ-1のスズキバージョン♪
総生産台数531台
ガルウイングドアの軽自動車です♪
エンジンはスズキ アルトワークスと同じK6A直列三気筒DOHCターボエンジン
ミッドシップエンジンでして
走る為だけに作られた究極の軽自動車と言っても過言ではありません!(究極のハンドリングマシーンだ~♪)


お客様から磨きとコーティングでボディーを復活できるか?
っと以前相談を受け、一部で試した所復活できる兆しがありましたので
磨きとコーティングを引き受けました♪(興奮状態で引き受ける気満々♪)


正直言いまして、ボディーの状態は年数も経っていましたので良くありませんでした(お客様ゴメンナサイ)


以前コーティングをやりましたボルボと比べるとかなり手ごわいです。
塗装面を触るとザラザラでして、実際車両を目の当たりにしてどこまで自分ができるのか?
これは男のロマンと意地を掛けての作業です。


やっぱり!ガルウイングはかっこいいですよ~♪
自分の車で無いのに触れる事に優越感を感じているキョンなのでした(゚∀゚)v

最初はボディーの洗車から始まり、鉄粉除去と虫取りをし磨きができる段階まで1時間以上・・・

どの様に磨いていくかを考えて磨きを始めたところ、思ったより手強い・・・・
そこに同業の方達がやってきて、気が付けば三名で取り掛かっている状態(みんなありがとう♪)
オーナーさんの車に対する情熱に、自分達の車好き魂へ完全に火がついてました♪
細部を手で磨いた手くれたりしてくれたおかげで私はボディーへ集中することができました(ホントにホントにありがとうございます)

私は、通常の磨き工程を変更しもう一段階の磨き工程を加えてボディーに艶を出していきます。
板金屋さんと当店の磨きは同じように見えて全く違う工程です。
どっちも光るしどっちも正解です(変な感じですけど)
板金屋さんはクリア塗装した所を綺麗に仕上げる磨きで
当店は元々のボディーを復活させる磨きと言いますでしょうか・・・
コーティングの為の磨きと言ったら良いのか・・・
とにかく違うんです・・・(お~い!意味わかんね~ぞ~!)
磨きが終わったボディーはとても繊細です。
傷つけないように慎重に扱います。
ボディーを拭くタオルも普通のタオルなんか使いません。
何故なら、普通のタオルではボディーにキズをつけるからです。
もう、ここまで来るとキチガイの世界と思うでしょうが、ホントにそうなんです。
特に乾いたタオルでボディーなんか拭いちゃったら残念・・・もう一度磨きのやり直しです・・・

今思えば、皆に手伝ってもらわなかったら納車に間に合いませんでした・・・
磨きが終わり、ボディーをコーティングができるように完全に油膜を取る洗車をし
再度工場へ入れてボディーチェックをし
コーティングを施工します。
その後、コーティングのムラを伸ばしながら時間を掛けて一面一面施工します(磨きと比べると全然短時間ですけども)
この作業を怠るとせっかくのボディーが酷い事になります。

こうして仕上がったのが

この状態です。施工前の画像と比べていただくとはっきり分かると思います。
自分で言うのもなんですが良い仕事しました♪


お客様より嬉しいお言葉で、買った時以上の輝きを出してしまったようです(゚∀゚;
自分もここまでやれて嬉しいです♪これぞ職人魂炸裂!

っと言うよりも何よりも
ここまで仕上げることができたのは、やはり、自分の周囲を取り巻く同業のプロ集団の皆様と
お客様の車に対する情熱それ以外の何ものでもありません。
痛感しました。私は色々な人に支えられ助けられています♪
だから良い仕事ができるんだと!

お客様が車を取りに来られて、工場に入るなり拍手をいただいた時はガッツポーズでした(゚∀゚)b
このような稀少車を触れた事
その車を私に託してくれた事
私をサポートしてくれた事
全ての出来事に感謝申し上げます♪

こうして、毎日皆様に支えられ明日も頑張れます♪




〒997-0013
山形県鶴岡市道形町47-1
  カーメディカル コンプリート

電話0235-23-1041(兄さんヒトヨイ)←ベタすぎな番号・・・
携帯090-2992-8570
メールcompleteex@nifmail.jp
定休日 毎週土曜日(仕事入ったらやります)
営業時間 9:00~終わるまで 仕事帰りのお客様等電話もらえば22時でも何時でもいます♪
シルバーウイークも元気にやってます♪
  


2009年08月27日

バッテリー再生!

どうも!
「最近ブログ更新してないね~」
っとお客様や同業の人からよく言われるキョンです(゚∀゚;

さて、乗用車のバッテリー高いですよね。
無料点検と言ってはバッテリーに思いっきり負荷を掛けられて
「バッテリー弱っています。交換ませんか?」
などと言われたり、最悪テスト負荷によってバッテリーにとどめを刺されてバッテリーがお亡くなり・・・
等ありますね。

テスト印刷されたものに負荷テスト等「負荷」の文字が入っている用紙をもらったら危険です。
正直な話、バッテリー負荷テストでは正確な診断はできません。
日本では、このような負荷テストでのバッテリーチェッカーが流行っており
ディーラーさんもこれを知らずに使っている状態です。

そもそも、バッテリーは何で老化又は劣化するのか?
バッテリーには希硫酸という液体が入っていましてですね。
バッテリーに液が入ると、使おうが使わないがお構い無しに極版に硫酸鉛という物質が形成されます。
充放電を繰り返しているんなら良いのですが、この硫酸鉛は放電して24時間経過した辺りから結晶化が始まります。
この結晶化を専門用語でサルフェーションと呼びます。

結晶は電気を通しません。よって、極版を結晶が覆って行くと電気の流れが悪くなります。
いつ製造したか分からない長期保管バッテリーを買って1ヶ月しないで使い物にならなくなった・・・
これは、バッテリーに希硫酸を入れられた時から自然放電をし極版に結晶ができてしまい、電気の流れを悪くしてしまったのです。

極版に結晶が付けば電気が通りにくいので結果的にバッテリーの容量が小さくなります。
目には見えないのですが、形は同じもののバッテリーの容量は次第に小さくなっていくと思ってください。
だから、バッテリーには寿命があるのです。
バッテリーは、希硫酸が入れられて製造された時から次第に小さくなっていくのです(目に見えませんけど)
ここまで来るとバッテリーに思いっきり負荷を掛ける危険性が分かってきたかと思います。

今の車は、エンジンを止めていても時計 メモリー セキュリティー エンジンスターター等
色々な電気を使っています。よってサルフェーションは昔より加速するということです。
バッテリーって高いですよね。乗用車なんか1万円以上しちゃいます。

中には錠剤の有機ゲルマニウムをバッテリー復活剤と言って売っているようですが
これは硫酸鉛を電気が通りやすくするためにする薬品で、サルフェーションを根本から除去するわけでは有りません。

一番危険なのは、バッテリー強化液と書かれた希硫酸を入れることです。
希硫酸を入れることでバッテリーの比重は上がりますので一瞬蘇ったっと思いますけど
サルフェーションを起こしていない極版にとっては濃度が濃すぎる訳ですから逆に極版を痛めて終わります。

電装屋さんが忠告するのは、強化液を入れてバッテリーを壊すケースが多いので強化液は入れないようにっと言います。
じゃあ!どうしたら良いんだ!
ここで登場するのが、当店の新兵器であります
バッテリー再生機です!

導入に私悩みました・・・。買って効果が無かったらどうしよう・・・・
再生機よりも、バッテリーCCA診断機を買おうかしら♪(オカマになってるぞ!)
2つ購入すると○十万円が飛んでいきます。
そんな資金当店には揺さぶってもありません(><;

バッテリーが再生するならお客様が喜ぶ♪
そう言ったことから、バッテリー再生機を導入しました!

どういう物かと言いますと、微弱パルスを発生させて極版に付着したサルフェーションをイオン分解!
この、再生機の凄い所がバッテリー充電器との併用も可能!
中々の優れものです!

ある日常連のお客様が
「バッテリー上がってしまった~!」
っと再生機の事を知っていたので上がったバッテリーを持ってきました。
再生を掛けている間に、今年の冬に一度満充電(12V)したにも関わらず
2日でエンジンが掛からなくなって置いてあったバッテリーを再生を掛けてストックしていたので
それを渡してみたら・・・
「新品みたいに快調にエンジン掛かる~♪」

見事に再生成功です♪
お客様がこれに感動して、長期間使わない農作業機械のバッテリーも再生して♪っと持込されました。
バッテリーも馬鹿にならない値段です。

さて、気になる再生のお値段ですが
バッテリー再生 1個¥2,500です。

どの様なバッテリーが再生できるのかっと言いますと
ゲルバッテリー・AGMバッテリー・カルシウムバッテリー
ディープサイクルバッテリーを含む鉛蓄電池全般 (ノーマル開放型・MF密閉型・GEL型)

ドライバッテリー以外ならほぼ全てに対応します。

再生できないものはどんなバッテリーなのか?
っといいますと、極端にバッテリー液が減っていて極版が空気に露出してしまったバッテリー等
極版が痛んでいるものは無理です。

今まで、駄目になったとあきらめていたバッテリーが復活する!
今なら、車検入庫の方にお試しとしてバッテリー再生充電を2千円で致します♪
夏に疲れたバッテリーをケアしましょう♪

貴方の秘密基地 コンプリート♪

〒997-0013
山形県鶴岡市道形町47-1
   クロネコヤマト宝田店さん 斜め向かい 
      庄内旬味 悦波の真裏

電話0235-23-1041(兄さんヒトヨイ)←ベタすぎな番号・・・
携帯090-2992-8570
メールcmcomplete@mail.goo.ne.jp
定休日 毎週土曜日(仕事入ったらやります)
営業時間 9:00~終わるまで 仕事帰りのお客様等電話もらえば22時でも何時でもいます♪   


2009年08月25日

最強の防錆アンダーコート

梅雨もあけないまま夏は過ぎて行こうとする今日この頃
比較的日中も快適になってきた?っと思うキョンです♪

先日は、コメントに書いてくださった「はせあに」さんのご来店ありがとうございます♪
丁度Wakosさんも来店した時でして、なななんと!
はせあにさんだけに単独オイルテスト実験会を開催してくださいました(゚∀゚)b
色んな話をして盛り上がりました♪
また来店してくださいね~♪

さて、本日は当店が誇る防錆アンダーコートのご紹介です。

今新車でも車体下回りの防錆として、アンダーコートをオプションで施工する方が増えていますね。
軽自動車など、ドアやボディーの角、フェンダー等が錆てしまう。
特に、山形は冬になれば凍結防止の融雪剤としてエンカル(塩)が巻かれ、海・山でなくても錆との戦いは宿命になっています。
錆を補修して・・・っとなると結構な金額がぶっ飛んでいきます。
片側補修と塗装で3万以上かかり
前後左右しようものなら10万コース確定なったり。
ドアなどは酷い場合は交換になってしまいます・・・

なってしまってからでは遅いので早めの対策が必要となります。
その対策としてボディーのアンダーコートです。
アンダーコートといってもどれも同じというわけではありません。
大まかな種類で言えば
ワックス系とゴム系に分かれます。
多くのディーラーさんがディーラーオプションで施工するのがワックス系アンダーコートでして
ワックス系アンダーコートはどういったものなのか?っと言いますと
下回りに吹き付けて皮膜を形成します。
ねっとり湿った感じの皮膜です。水・ホコリ・砂利などからボディーを保護しますが
ワックス系なので次第に皮膜が水・ホコリ・砂利などで落とされていき5年ほどの効果持続となります。


施工前の下回り

これに対して、当店で施工するのはゴム系アンダーコートでして
メーカーはドイツ・ヘンケルテロソンのものです。
テロソンジャパンというメーカーも有りますが、全く違う本家本元でございます。
この、本家本元って?
ドイツ・ヘンケルテロソンってどういうメーカーか御紹介すれば
欧州車(ヨーロッパ車)の9割が新車からこのアンダーコートを施工されています。
良く、外車は錆びない!っと言われる理由となるのがこのドイツ・ヘンケルテロソンのアンダーコートなのです。
とりあえずどの様なメーカがあるかといえば
ヨーロッパの代表的な自動車メーカーであるベンツ、VW 、BMW 、ルノー、シトロエン、プジョー、BL社など
米国のビッグスリー(GM 、フォード、クライスラー社)
および、ヨーロッパ、米国進出日本自動車メーカーへも製品は納入されています。
・・・・っえ?輸出向けの日本車に施工されている?
これはどういう事なのか?

日本と外国の車に対しての販売の違いと言うのでしょうか
日本は、錆が発生して代替えと言うきっかけを作り車両の代替えにつなげます。
これに対して、海外ではメーカーの技術力が問われ、簡単に錆びてもらっては困る。
他の外車に比べて日本車は良く錆びるというのでは、いくらメカ技術があるといっても長く乗れない面で売れません。
外車と対等に並ぶ為に実を言うと輸出車はドイツ・ヘンケルテロソンのアンダーコートを最初から施工するのです。
なぜ、多くのアンダーコートが出ているのに皆このメーカーを施工するのか?
答えは、性能面で群を抜いているからです。




機械技術は世界トップの日本も、アンダーコートや塗料等の溶剤技術はまだまだ世界に追いついていません。
開発費用も海外のほうが莫大な金額を投資して開発します。
こうなると、国産メーカーも海外の品質の良いものを施工しないと戦えない事からドイツ・ヘンケルテロソン選んだわけです。
昨今の車は性能が上がり、10万キロで代替えと言うのは一昔前の話でして
軽でもメンテナンスをしっかりすれば20万キロを走破してしまいます。
ここで、ボディー下回りの錆止め技術が追いつかないので10万キロ以降からボディーが錆びれば補修に金額が掛かる事から代替えを促進できるのです。
しかし、沿岸地域・山岳地域・豪雪地等のお客様の声から錆で5年も持たない
代替えサイクルが短いので何とかならないか?
の声から、防錆アンダーコートとして5年位は持ってくれるアンダーコートを施工するわけです。


バンパー等外せるものは外します

新車への代替えを促進させるために、国内では長持ちしてもらっては困ると言うことでしょうか・・・?
これで、沿岸地域の方などは代替えサイクルが他の地域と同じくらいになったわけです。

さて、当店で施工するアンダーコートは外車及び国産輸出車に施工されているものと同じであり
長持ちする事がなんとなくわかったと思います。
このアンダーコートは、施工し皮膜を形成しゴムの柔軟性を持っています。
ワックス系と違い、飛び石や水などを弾き返します(ワックス系は皮膜が取れて薄くなっていきます)
数年後にもう一度施工しなければならないと言うものではありません。


マスキングをしてボディーにかからない様にします

施工しなくてはならない時というのは
事故等で補修した。思いっきり下をズッて塗面が剥がれた等の時です。
車両には施工証明書が発行されまして
事故等で保険を使う場合にアンダーコート補修の分が見積もりに入ります。
これは、外車が必ず事故等での下回り修理時の補修はドイツ・ヘンケルテロソンのアンダーコートをを施工するように!
っとなっているからです。
当店でも、施工されたお客様に必ず、万が一事故の時は証明書を見せれば保険やさんが分かるはずですので
忘れずに見せるようにと言っております。(事故の時は当店に連絡が入りますので心配ないのですが)


施工後

あ・・・どういうアンダーコートかと言いますと
製品名Terotex-Record2000HS
http://www.e-n-do.com/con-goods/t-record200hs.html
に詳しく掲載されています。

このブツブツが強力な皮膜です♪ピンボケしている(><;

新車にしか施工できないの?っという方もおられますが
実を言うと新車以外でも施工できます♪
これはどういう事かと申しますと
錆びている部分に錆転換剤を施工し赤錆を黒錆に化学変化させ錆の進行を一気に遅らせます。
そこにアンダーコートを施工する事で錆の侵食を遅らせる事と新たな錆部を作らない事で長持ちするわけです。


画像の車両は先日当店から納まりました新車のタント ワンダフルセレクション(パワースライドドア)です♪
お客様からの強い要望でしっかりした防錆アンダーコートをして欲しいという事から当店で購入と言うことになりました。(誠にありがとうございます。お得な納得お値段で納車です♪)
アンダーコート及びドア防錆コートも施工致しました。

これに、新車を新車以上に光らせる!っと言うことで当店最上級ボディーコーティングをしまして納車です♪

モーターショーで輝く車を作り上げる専門メーカー「オートグリム」を施工して
ギラギラ♪ピカピカ♪ 最初に当店に輸送されて来た時を知ってるお客様が
この仕上がりを見て「なんだこりゃ~!この光がだ尋常でね~ぞ~!」っと言ったのは事実です(゚∀゚;

納車されたお客様からは
「車、眩しいの~♪」
っと喜んでいただきまして誠にありがとうございます♪

新車以上の輝きと新車以上の安心を提供できたキョンなのでした♪

参考まで、軽ならアンダーコート3万1500円より(錆の程度によります)
ドア内部防錆コート1枚2500円です。
新車から3年以内ならこの金額で収まるかもです。
最初にこの金額で長く乗るか?
錆びてからお金を掛けるか?
それを考えれば決して高いものではないと思います(私は時間が掛かる事と溶剤が高くって・・・)

メーカーさんから
ドイツ・ヘンケルテロソンTerotex-Record 2000HSを一台丸ごと施工するお店は未だ聞いたことが無い
っと言うことからもしかしたら当店がはじめてかもです♪(どこかしていたら御免なさい)

良いものやお金を掛けてしっかり効果のあるものを取り入れているコンプリートでした♪

貴方の秘密基地コンプリート♪

〒997-0013
山形県鶴岡市道形町47-1
   クロネコヤマト宝田店さん 斜め向かい 
      庄内旬味 悦波の真裏

電話0235-23-1041(兄さんヒトヨイ)←ベタすぎな番号・・・
携帯090-2992-8570
メールcmcomplete@mail.goo.ne.jp
定休日 毎週土曜日(仕事入ったらやります)
営業時間 9:00~終わるまで 仕事帰りのお客様等電話もらえば22時でも何時でもいます♪