2009年08月28日

スズキ車オーナー様へPart2

先日、私のところに電話が来まして。
「人に貸した車がエンジン止まってしまって再始動できない」
との事でした。

とある車屋さんに置いてあるからとの事で
そこでは直さず当店に入庫させたいので自走でどうやって走ってくるか?
予備バッテリーを数個持って行き自走してくる計画で当店の再生バッテリーの要請でした。
こちらのバッテリーは元気バリバリいつでもOK状態でした♪

話は戻って
エンスト後にセルモーターがクランキングしない事からオルタネーター(発電機)が駄目なのかな?
発電機が駄目になって充電できないので電力不足になりエンスト(エンジンストール)を最初に連想しました。
車両情報を聞いてみるとスズキの軽自動車ということで
あれっ!もしかして!
エンジンはF6A(現行はK6A)?
聞けばF6Aで、もしや!
スズキのF6Aによくある現象の突然エンジンストールを疑いました。
走行距離も6万キロ弱で、走行距離からしてもオルタネーターがいかれる距離ではないし・・・
一番疑われるのが、F6Aのベルト緩みによる発電不足。

原因はベルトの掛かるプーリー形状と材質の問題でして
ベルトを交換してもまた再発する厄介なものです。
プーリーが錆びてその面にベルトが当り痩せてしまい、ベルトが緩んでしまう現象です。

とりあえず入庫する予定時刻まで車検の検査に行き
納車前の、車検で提出する点検結果データの編集とアドバイスシートなどを作成
車を洗車したりしていると車両が入庫してきました。

引き取りに行った先で
「オルタネーター交換しないと駄目だよ」
っと言われたらしく、いくら位掛かるか見積もり依頼です。
とりあえず、エンジンルームを見てベルトを触ったら・・・やっぱりゆるゆるでして
オルタネーターは死んでない!十中八九間違いなくプーリーだ!

写真では分かり辛いと思いますが、ベルトがプーリーに食い込んでいます。
ここまで食い込むのは危険です。これを更に張ってもグイグイ入っていきます。

話を聞けば、お客様が走行している時にキーキー音が鳴っていたっとの事です。
この音を無視して走った結果のエンスト・・・
止まる前に一度相談してくれたら良かったのに・・・

中古のオルタネーター探すか?
オルタネーター中古探しても何してもこの現象は回避できないので
対策用プーリー&ベルトKitに交換をすすめました。
これは、プーリーとベルトが全く違うものに変換するものです。
結構面倒で時間の掛かる作業ですが、これに変えれば安心です♪

余りお金を掛けたくない事から、対策用のベルト交換だけにする事にしました。
その間、過酷な状況から帰ってきたバッテリーを一晩再生充電させ
次の日にとりあえず強化対策ベルトに・・・
しかし、外したベルトはすでに強化対策ベルトになっていて
以前にベルト鳴きから交換したらしく、キーキー鳴った事で摩擦でベルトは劣化していました。

とりあえず要望通り交換しましたが
次回鳴いたら対策用プーリー&ベルト変換Kitを組む事にしました。
再生を終えたバッテリーを車体に搭載しエンジンを掛けると快調にエンジンが始動し
オルタネーター充電も規定値に上がってくれました♪

っと言うことで、ま~どんな車でもベルト鳴いたら入庫して欲しいのは当たり前ですが
特にスズキの年数の経った車両は即入庫をお願いしますm(__)m  


Posted by キョン at 22:36Comments(2)車両情報

2009年08月13日

代車?デモ車?

どうも、お盆も元気に営業しているキョンです(゚∀゚)v
う~んこのページはどのカテゴリーに入れるべきか悩んでしまいました・・・


それは、さておき♪
昨日はブログを見てオイル交換に来店されたお客様♪
有難うございましたm(__)m
ホント、嬉しかったです♪
元気なエンジンになりましたか?
自信のあるオイルですので体感してください♪

さてさて、トップにもあるこの車両

車名:ホンダオブアメリカ
ん・・・?ホンダオブアメリカ?
アメ車!?
そうです、シビッククーペなんです♪
アメ車のカスタム等をする知り合いの車屋さんからタイミングベルト交換で入庫した車ちゃんです。
カッコいいから パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)


三社で手がけたという事でチャッカリ当店のステッカーも貼ってあったりします(゚∀゚;
※ホントの事言うと四社ですけど・・・

実を言うと、この車両の全塗装に私キョンも手伝っていたのでした。
私がやった所はキチンと印が残されています(゚∀゚)v
そこは何処かというと・・・秘密です♪
実物探してくださいね♪

アメ車により近づける!
トラックマスターズというイベントが仙台であったらしく、この車両はそれに行っております。
アメ車に!っと言う事からとりあえずオリジナルカラーでオールペンしたのでした(゚∀゚)b

ちゃっかり、隣には新車のタントちゃんがいます♪
このタントちゃんは当店の特別仕上げで納車されます♪詳しくはブログで公開♪

え~、この車両のオーナーにブログに乗っけていい?
っと言いましたら
「ブログ炎上しても知らないっすよ」
っと言われましたが、このブログを見てくれている皆様は大丈夫なので強行UP!

っと言う事で、本日も良い仕事しますよ~♪  


Posted by キョン at 08:33Comments(4)車両情報

2009年06月21日

スズキの4WD車オーナー様へ・・・

コンプリートのキョンです(゚∀゚)v

今回は車両情報を掲載します。
え~っと、スズキの4WD車オーナー様へ
嬉しい保証延長のお話です♪


4WD車で、低速時や走行中にハンドルを切ると
グオ~ンとかいう凄い音が車内中央又は後部から発生しませんか?
この音なんですが、スズキ特有の4WD車だけに出る異音として有名なんですが
4WDを制御する機械式の「ロータリーブレードカップリング」と言う部品の不具合から出る現象なんです。

なんじゃ?そのロータリーブレード・・・って?
簡単に説明するとですね、今の4WDはフルタイム4WDでないんです。
フルタイム4WDをかたくなに貫き通しているといえばスバルさんなんですが
多くのメーカーが燃費等を良くする為に、通常はFFで走って
タイヤが滑ったりしたら自動的に4WDになるっというリアルタイム4WDと言うんでしょうか
4WDになって欲しい時に自動的になる装置を開発しまして
これが保障期間が新車を登録した日から5年又は10万km以内だったんですが・・・が!
平成19年4月にメーカーから保証が延長されまして
9年又は10万km以内になりました!
ユーザーさんもこういった件を知るわけも無く、ひと頃前は宿命と言われ
部品代だけでも10万近くするので、皆さん諦めるか高い修理代を支払うかどちらかだったんです。

やっぱり、ほぼと言うか全車こういった現象が出てクレーム殺到という異例の事から
メーカーさんが改良版を作ったのか、保証延長というホントに異例の処置になったわけで
対象車は
ワゴンR アルト アルトラパン Kei MRワゴン セルボ ワゴンRプラス ソリオ カルタス
が該当します。
ま~スズキさんの車両が該当するならば、OEM版で他メーカーから出ている日産モコ ピノやマツダのキャロル AZワゴンなども該当すんでしょう。
一応その辺はまだメーカーさんに聞いていないので分からないのですが、スズキで保証延長しているので大丈夫なんじゃないかな?
後で調べてみます♪

結構この保証延長を知る人が少ないので今回知る事ができてラッキーでした。
おかげ様で該当のお客様に随時情報発信させていただいています。
同じ車業界でも初耳と言う所が結構あったので、今まで諦めていたお客様に光りが見えてきました♪

しかし!いくら保証延長されたからといって対応してもらえるものでもない事が・・・
ディーラーさんからで保証書たるものが存在しないと保証ならないと言うことでした。

中古車でも、前オーナーからの保証書が継承されていない場合
保証書があれば保証継承手続きをすれば保証されますが
中古車ディーラーで保証書が5年を過ぎたから捨てた・・・等の場合は保証対象外にされるみたいです。

前項でも述べましたが、保証書が期限を切れていてもあれば大丈夫だそうです。
対象者が変わっていても、その時点で対象者を変更する保証継承をすればOKだそうです。

っと言う事で、異音で苦しんでいたお客様♪
光が見えました!

詳しくは下記のページにて・・・
http://www.suzuki.co.jp/about/recall/2007/0402a.htm

ひと頃前は、広い駐車場で右にハンドルいっぱいに切ってグルグル車両を10回転くらい走ると異音が緩和される・・・
なんて・・・って言うか・・・これって装置を破壊して音を止めるだけ・・・(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

4WDのロータリーブレードカップリングとは?
前輪と後輪に大きな回転差が出た時に前輪が滑っているという事で
後輪にトルクを伝えて4WDになる装置でございまして・・・
車の好きな人なら分かるビスカス式カップリングの事を言うんです。
LSD(リミテッドスリップデフ)は左右に回転差が生じた時にトルク配分を変えるんですけど
これの前後バージョンがこのロータリーブレードカップリングです。(多分皆さん分かってないぞ・・・)

とととりあえず・・・FFだった車が自動で4WDになる判別制御装置と思ってください。

っと言うことで、コンプリートではディーラーに行くのはチョット・・・とか
問い合わせるのは・・・っというお客様の為に確認して交換の架け橋になる為にお悩み相談所として
いつでも御利用くださいませませ♪  


Posted by キョン at 19:28Comments(5)車両情報